公式ホームページはこちら

「秋と彩るコーヒー風味」

NO IMAGE

こんにちは、ひげマスターです。

気温が落ち込んできましたね。体の内から温まる食事としっかりと睡眠を取って免疫力が下がらないように日々の生活習慣を楽しみましょう。

この時期になると鍋やスープ、トロっとした食事が美味しい季節です。実は人の舌の構造は凹凸になっているそうですよ。サラッとした液体よりもトロっとした液体は、この舌の凹凸にしっかりとハマるので旨味を感じやすいし、体が温まりやすのだそうすよ。

偶然というよりは、昔から必然的に人は体に合う習慣を続けているのですね。

現代社会にある習慣は本当に必要なことが少ないように感じます。只々経済を回すことを大義名分のように本来必要ないものを生産し消費し未来の地球や人類に汚点を残しているようにも見えます。そして今度は持続可能な未来に繋げるという大義名分で経済を回すというビジネスが加速しているように見えます。

進化するよりも退化する方が、本来の姿、環境で幸せを噛みしめることができような気がいたします。自然に逆らう人の娯楽とエゴの未来はどのような世界へ向かうのでしょうか? 結局のところグローバル社会になってから幸福感度は実際上がってはいないのではないですか?むしろ不幸だとか苦しいと感じている人の割合が多いのではないでしょうか?

労働環境や生活環境はスピードが加速し、効率を求められ、とても呼吸を整える余裕すらない世界です。その対価として得られるものは本当につり合いが取れているでしょうか?効率というスピートが上がり続ければ人は耐え兼ねます。そして壊れていきます。本当に便利で住み良い社会なのでしょうか?

私には、とても生きづらい社会をゼイゼイ息を切らしながら苦笑いしながら大丈夫と思い込みながら無理して必要のないことに動かされているようにしか見えません。そして、その行動を肯定し続けなければと思い込んでいるように見えます。

自然を楽しみ、楽しい会話をし、空腹を満たし、安心して眠れる環境だけで人は本来幸せなはずです。時計という時間に縛られず、日が昇り起き、日が沈めば就寝する。自然の音と呼吸を感じることで命の有難味を感じれるはずです。

自由という言葉や行動を忘れてしまった世界

みんながみんなで監視し合う社会

息苦しく辛い世界を創ることをやめない人間

思考停止。お金という対価交換システムが人らしさを奪い、

自然の摂理と感情を壊す化け物へ変えた。

都市伝説風に書いてみました。笑

さて、疲れたので美味しいコーヒーのお話をしましょう。

外観画像
Transitbeans 外観

「秋の新銘柄 ホンジュラス パライネマ ナチュラル」

国:ホンジュラス 農園:エル・プラン 標高1400m 品種:パライネマ 

生産者:エステバン・マドリッド 生産処理ナチュラル

エル・プラン・農園のコーヒー生産者達
エル・プラン農園

コーヒーの発展と継承

エル・プラン農園は、1930年祖父にあたるコスティーノ・マドリッドによって開拓され、一家代々コーヒー生産が引き継がれてきました。コーヒー生産業を次世代に継承するべく、一家代々、コーヒー産業の発展に貢献することを目標に、誇りを持って生産に従事してきました。現在は代目のエステバン・マドリッドと3代目となる息子たちの手によって、2008年のCOE優勝を皮切りにホンジュラスのスペシャルティコーヒーを代表する農家として成長w続けています。

コーヒーの白い花
コーヒーの白い花

土地がもたらす特徴的な微気候

農園は、サンタバルバラ国立公園の北側なり、特徴的な日照条件・微気候の下コーヒーが栽培されています。山の北側に位置する事からも、収穫は2月に始まり6月までかかると言います。この5カ月間に8回の収穫を行うという長丁場の収穫は、中米の最標高のエリアで1月~4月という中米のシーズンにおいて、特異」な微気候だと感じていただけるのではないでしょうか。

乾燥はビニールハウスを使用し、3段のアフリカンベッドによるスルードライブタイプ。ここ半月かけて乾燥が完了します。今季はこれに加えて、より大きなビニールハウスを増絶し、ウェットミルも作り替えたそうです。新設のビニールハウスでは、上部にたまる熱や湿気のこもりを改善し、船積み後も長期間にわたって品質の劣化がないように工夫しています。

コーヒー生豆の乾燥
アフリカンベッドによる乾燥

パライネマ品種

今回のパライネマ種という品種は、同国のパライソ県で発生した線虫(ネマトード)による根の被害に耐性の強い品種として生まれました、サルチモールの系統選抜品種になります。近年、病気への耐性を持った品種が、ホンジュラスを支える原動力となり、その品質もCOEに代表されるように各国で評価がされています。パライネマもCOE1位を獲得するなど、そのスパイシーで爽やかな風味が多くのバイヤーを魅了しています。

農園周辺の風景
農園周辺の風景

カップコメント

焙煎度合いは浅煎りに仕上げています。カシスやベリーの爽やかな風味が感じられ円やか質感も感じて頂けると感じます。上質な酸味やキャラクターはとても甘味を感じます。しっかりと焙煎工程で豆の芯まで火を通すことで、一般的に嫌われている酸味とは異なるコーヒー本来のフルーティな風味を作ることができます。

内観画像
TransitBeans 内観

白山市カフェを楽しむならTransitBeans

オンラインでも様々なコーヒーコンテンツでお楽しみください。

白山市 カフェ画像はこちら

拘りのコーヒー豆通販はこちら

ドリップコーヒー研究所 ドリップ抽出動画はこちら

公式ホームページはこちら

CTA-IMAGE 白山市にある隠れカフェ・喫茶店。 トランジットビーンズ公式ホームページはこちら