「ペアリングコーヒー」を楽しむ

  • LINEで送る

こんにちは、ひげマスターです。

10月7,8,9,の3日間 金沢しこう記念公園(旧中央公園)で行われたイベント

金沢スイーツフェアに出展して参りました。

去年に続き今年も参加することができましたが、相変わらず お客さんの数が多いですね~

去年は仕込みの数が全然足りなかったので、イベントから帰ってからののコーヒー豆の仕込みである

焙煎をしていたので 大変でしたが、これも良い経験ですね。今年はしっかりと仕込みをしてまいりましたの

夜は大分 身体をやすめることができましたのでイベントでのコンディションはよかったと思います。

しかしながら、天候まではさすがに読めません

ホットコーヒーのみでの仕込みだったので、まさか3日間あんなに暑くなりとは思いもしませんでした。

みなさん、さすがに冷たいコーヒーを欲しておりましたので、急遽

エスプレッソマシンを持って行っておりましたので、アイスアメリカーノを提供するこになりました。

エスプレッソを冷水で割ったドリンクですね。

プレスコーヒーを冷たくして飲んだ時のような味わいになるかなぁと思います。

豆の甘味も感じられる自然的な味わいと申しますね。まぁ ご興味のある方は

お店に飲みに来てください。 笑 言うよりも飲んで体感するのっが一番です。

「白山の恵みフェア」

さて、TransitBeansが出る 今年最後の大きなイベントになるかと思います。

今年は、白山市が誇る、白山の開山1300年と言う記念の年になるそうな

そこで、記念に歩行者天国でイベントされるのだそうですよ。

白山には、何かと夏の台風からいつも天候を守って頂いております。感謝ですね。

10月21日,22日の2日間 松任駅前~広小路 (歩行者天国)にするそうですよ。

白山ゆかりの地の伝統芸能、文化、特産品、地元のグルメが一堂に集まるらしいですよ。

獅子舞や和太鼓、民謡やアート&クラフト体験教室なども開催されるようです。

飲食やクラフトなどのブースが50ぐらいの店舗が出店するそうなので活気はあるかぁと思います。

白山に住む人達に白山市のコーヒー専門店のコーヒーを楽しんで頂けたら良いですね~

「ペアリングコーヒー」

去年からサンパさんの各店舗で扱って頂いています。トランジットブレンドは企画変更で現在

お買いもとめできなくなっております。企画変更というのは、サンパさんで新しく扱っている

オレンジフレーバーのチョコレートと9つのコーヒー専門店のコーヒーとのペアリングを

楽しんで頂く企画に現在なっております。トランジットビーンズではサンパさんとのお話で

コロンビア ピコ・クリストバルの中浅煎りか中深煎りのどちらかで最終選考いたしました

今回の企画でお買い求めできるのは

TransitBeansの店頭でも計り売りをしております。焙煎度合と同じ

中浅煎りのピコ・クリストバルになっております。

ペアリングとして飲んで頂くと、ほのかなオレンジフレーバーと軽めのコクと

後味が軽やかなマイルド系にバランスになるように感じました。

どちらかというと、チョコレートを引き立てるのではないかと思いますので

是非、フレバーチョコレート一緒に飲んでみてください。

「コロンビア ピコ・クリストバル スプレモ」

お店のトランジットブレンドやエスプレッソブレンドにも使用している豆

コロンビア ピコ・クリストバルとても肉厚な豆で中浅煎りでしっかりとカロリーを与えて

スッキリした酸質にとマイルドなコクに仕上げています。浅煎りコーヒー豆への最初の入り口として

飲まれると入り易い銘柄になっております。

コロンビア最北部にあるピコ・クリストバル・コロン山はコロンビア最高峰(5800メートル)

その山麓は、火山灰土で古くから土壌豊かにして気候に恵まれ、良質なコーヒーを産することで有名でした。

コロンビアコーヒーの多くはアンデス山脈の地域で栽培されていますが

ピコ・クリストバル・コロン山は気候、風土、土壌が一般の栽培地域と異なり

香味もカリブ海気候が育んだ特徴になります。

大きな特徴は、独特な強いスイートなアロマが備わっており、酸味が抑制されたマイルド感が強調される

カリブ海型の水洗式アラビカ(ジャマイカ・キューバ産コーヒーが代表的なもの)の特徴を

兼ね備えているといわれています。

ピコ・クリストバル・コロン山(南米大陸の発見者の名前をとった「クリストファー・コロンブスの峰」と言う意味)を望む

南西側斜面の尾根(標高1,600~1,800メートル)がPICO CRISTOBALの栽培地です。

古くからの産地(Pueblo Belloとtanques)でコーヒーの品種は在来種ティピカ種が主体で

栽培方法も伝統的なGUNMOと呼ばれていま豆科(コーヒーの樹には最適な天然肥料と成る)

の植物シェードツリーとし、完熟したコーヒーチェリーのみ手摘みされています。

豊富な山水でコーヒーチェリーを洗い、天日乾燥(SUN DRY)という昔ながらの丁寧な方法を取り入れています

精選・選別後に厳選なカップテストを行い、最終チェックを経たもののみ

最高峰 PICO CRISTOBALの名が冠されるのです。

焙煎機2

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。