「コーヒー粉の魔法」

  • LINEで送る

こんにちは、ひげマスターです。

8月に入りました。梅雨も明け気温は30度以上あるのですが

ジメジメとした重たい空気感がなくなって体感的にはそこまで暑さを感じなくなりました。

合間に吹く風がどことなく居心地の良い風に感じます。

海水浴やキャンプなどは、過ごしやすそうな気候になってきましたね。

ひげマスターは海やキャンプでのバーベーキューが好きです。

今年は家族でいけるかな~?かれこれ3、4年そういったレジャーを楽しめていないですね。

その代わりといってはなんですが、お祭りごとのイベントにカフェブースとして出店がチョイチョイあります。

先月の29日も松任海浜公園の側で行われた健康フェスティバルに参加させて頂きました。

健康をテーマにした、いろいろな食材やライブなどもあり、楽しいイベントでした。

その日は、午後から中能登町で織姫ものがたりと言う町内でも、とても大きなイベントが開催されていました。

ステージでは、芸能人や演歌歌手のライブもあり、沢山の人で大変にぎわっておりました。

仕事をしながら、ライブが見れましたので、ある意味特等席でお祭りを楽しむことができましたが

さすがに、一日2件のイベント梯子は、仕込みや体調に負荷がデカく疲れましたね。

歳も歳なので、体調管理がとても繊細になってきております。

同業者のカフェオーナーさんから進められて筋膜外しのできるツールを購入して

コロコロ時間のある時に使用しております。なんとなくですが、身体が軽くなっているような気が致します。

筋膜がほぐれてから、軽くランニングもすると何となく若返っていくような気もしてきます。 笑

「Wine lnfused Coffee」

去年、今年と専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒーまるで黒生ビールを思わせるような

テイストと味わいのコーヒーや浅煎り焙煎豆を使用したワイニーなコールドブリューコーヒーが流行っております。

どちらも少し、通常のコーヒーの嗜み方とは違いますが、気分をトランジットするには十分楽しめる

進行形のコーヒーだと思います。当店でもクラフトビール風の焙煎度合の異なる豆を使用して

個性的なエスプレッソトニックをご準備しております。

クラフト

アメリカではワインコーヒーなるものが流行の兆し見せているそうです。

一体どのようなコーヒーなんでしょうね。サクサクと検索をしてみましたら

なるほど、シンプルにコーヒーエキスとワインを割ったものだと思い気や

どうも、Coffee R0asterの要素も組み込んでありそうです。

コーヒー生豆をワインに浸し、コーヒー生豆にワインの風味を浸み込ませ、

その後浸み込ませたコーヒー生豆を乾燥したコーヒー生豆をを使用して

手網焙煎器具で焙煎して仕上げるのだそうです。

粉砕したコーヒー粉を使用して、作り出されるコーヒーエキスにはブルーベリーのような

芳醇な香りが楽しめるのだそうです。人気があるみたいですよ!!

アメリカに旅行に行かれる方がいれば、是非試してみてください。

時にシングルオリジンコーヒー生豆でも、上記の手間を掛けなくても

ベリーやストロベリーのような芳醇な香りを醸し出すコーヒー豆がありますが

どちらも、面白いコーヒー豆には間違いはないですね!!

「カッピングスプーン」

コーヒーロースターとして、焙煎機の次に大事な道具があります。

それが、カッピングスープーンです。一体どのように使うのか?

カッピング評価する用に抽出した液体と通常にハンドドリップ抽出した液体の2パターンの

コーヒーエキスをすくって、液体を強くすするのですが その時に使用するのが

カッピングスプーンです。霧状にして口の中の鼻に通じる付近まで送りこむと

コーヒーの風味のキャラクターの良し悪しがはっきりと判別できるようになるのです。

コーヒー専門店として、個性を判別するということはとても大事な作業の一つです。

例えば、ブラジル コレゴ・ボン・デスティーニョという銘柄で

何パターンかの焙煎度合の違う豆を仕上げます。

そして、カッピングスープーンを使用して、どのパターンが、個性が出ていてバランスが取れていて

飲み易いのか、芳醇な個性的な香りを醸し出すのかを探っていきます。

そして、評価してベストな焙煎データーを作り、安定して作り出せるようになるのです。

ですが、焙煎豆も生ものですから、鮮度が落ちていくと風味は変わっていきますね。

そこで、粉の挽き目や使用する量やハンドドリップの技術で再調整して、お客様のカップに個性が注がれます。

カッピングスプーン

「コーヒー粉のカス」

コーヒー抽出したコーヒーの粉をそのまま廃棄していませんか?

その廃棄するコーヒーの粉を一旦、平べったく広げて、外で乾燥させてください。

そして、乾燥した粉に火を付けてみてください、

なんと、お灸の様にゆっくりと燃えて、煙がやんわりとでてきます。

なんと、蚊とり線香の代替えになるのです。虫の嫌がる煙と香りになるのだそうです。

どうせ廃棄するのであれば、一度試してみては如何ですか?

ひげマスター

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。